【3月400名以上が参加!】無料ウェブセミナー
6/19「医学部の推薦・AO入試について」
医学部予備校ACE Academy

医師が運営指導。都内で最も安い医学部予備校

・国立、難関医学部の実績多数
・通塾:月5〜10万円
・通信:月3万円
公式ホームページはこちら

【2019】日本大学医学部 合格体験記(2浪・男性)

合格した医学部

日本大学医学部

成績推移

1浪終わりの3月に入塾(実質2浪開始時に入塾)。
入塾時の成績
2017年第3回全統記述 総合59.0(数学:61.5 化学:62.7 生物:61.1 英語:50.6)
2018年センター試験 英数理84.3% (数1A:96 数2B:78 化学:84 生物:94 英語筆記:154 )

今年の成績推移
5月河合記述模試 総合66.0 (数学:72.0 化学:65.8 生物:66.9 英語:59.2)
8月河合記述模試 総合63.4 (数学:57.7 化学:65.8 生物:70.2 英語:59.8)
10月河合記述模試 総合65.9 (数学:68.9 化学:71.1 生物:67.8 英語:55.9)

センター試験本番 英数理83.5%(数1A:96 数2B:100 化学:85 生物:90 英語筆記:130)

使用した問題集

数学:基礎問題精講、合格る計算、理解しやすい数学(2Bのみ)。
英語:DUO、ネクステージ、基礎英文問題精講、速読英単語(必修編)。
化学:宇宙一わかりやすい化学、Excel化学のみ。
生物:Excel生物のみ。

医学部おすすめ参考書・問題集と使用方法まとめ

成功要因

上記の通り、基礎的な問題集を使用し基礎を徹底的に固めたことで、全教科成績を伸ばし医学部に合格されました。
医学部受験生の中には、医学部に特化した問題集や応用問題集を使用することが大切だと考えている人が少ないのですが、それは大きな誤解です。

本生徒のように基礎的な問題集のみの使用で医学部に合格された卒業生はたくさんいます。
医学部に合格するためには、基礎の徹底が何よりも大切だと分かる好例の一つだと言えます。

また、本生徒は入試期間中も通塾を継続されていました。
スケジュール的に忙しい時期ではありますが、通塾を続けることでリズムを保てたこと、講師との面談を通して本番の分析を続けたことが合格に繋がったと考えられます。

 

その他の医学部合格体験記は合格体験記一覧をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました