【3月400名以上が参加!】無料ウェブセミナー
5/15「医学部の偏差値と模試判定について」
医学部予備校ACE Academy

医師が運営指導。都内で最も安い医学部予備校

・国立、難関医学部の実績多数
・通塾:月5〜10万円
・通信:月3万円
公式ホームページはこちら

【2019】久留米大学医学部 合格体験記(再受験・男性)

合格した医学部

久留米大学 正規合格

成績推移

2018年4月(受験1年前)に入塾。
入塾時成績
2017年第3回全統記述 総合63.7(数学:62.5 化学:61.7 物理:66.5 英語:64.1)
2018年センター試験 英数理88.7% (数1A:78 数2B:80 化学:95 物理:89 英語筆記:190 )

今年の成績推移
5月河合記述模試 総合65.3 (数学:65.0 化学:67.6 物理:63.9 英語:64.6)
8月河合記述模試 総合67.8 (数学:62.5 化学:66.9 物理:73.8 英語:68.1)
10月河合記述模試 総合67.7 (数学:60.2 化学:75.7 物理:66.8 英語:67.9)

センター試験本番 英数理89.7%(数1A:87 数2B:88 化学:79 物理:90 英語筆記:194)

使用した問題集

数学:基礎問題精講、合格る計算、理解しやすい数学、標準問題精講(2Bのみ)。
英語:DUO、ネクステージ、基礎英文問題精講、速読英単語(必修編)、基礎英語長文問題精講、リンガメタリカ、全解説頻出英文法・語法問題1000、基礎英作文問題精講。
化学:宇宙一わかりやすい化学、Excel化学のみ。
物理:宇宙一わかりやすい物理、体系物理、名問の森。

医学部おすすめ参考書・問題集と使用方法まとめ

成功要因

受験の1年前に入塾した再受験生。
元々英数理のいずれの教科においてもある程度の基礎力はある状態での入塾となった。

元々基礎力があったため応用問題集の習得まで行ったが、下記の他合格体験記を参照いただくとわかるとおり、医学部合格に応用問題集の習得は必要ではないことがわかっている(国公立や難関医学部も同様)。本生徒はあくまでも時間的に余裕があったため応用問題集の習得を行っているが、基礎の徹底が最も重要だといえる。

最終的に総合偏差値67.7まで達し、センター試験本番でも英数理で89.7%を得点した。
医学部の試験においても、久留米大学医学部に正規合格となった。

 

その他の医学部合格体験記は合格体験記一覧をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました