【2019】横浜市立大学医学部、日本医科大学(特待) 合格体験記(2浪・女性)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

合格した医学部

横浜市立大学
日本医科大学 正規合格(特待)
東京医科大学 正規合格(特待)
杏林大学
日本大学 正規合格
東海大学 正規合格

成績推移

2浪開始時の4月に入塾。
入塾時の成績
2017年10月駿台全国判定模試 総合56.7(数学:66.2 化学:61.2 生物:50.3 英語:49.1)
2018センター試験 総合78.0% (数1A:91 数2B:74 化学:96 生物: 82 英語筆記:162 リス:36点 国語112点 地理88点)

今年の成績推移
5月河合記述模試 総合64.9 (数学:57.9 化学:73.9 生物:68.5 英語:59.4)
8月河合記述模試 総合71.3 (数学:67.8 化学:72.4 生物:72.7 英語:72.3)
10月河合記述模試 総合70.5 (数学:70.1 化学:71.7 生物:72.6 英語:67.6)

センター試験本番 英数理86.6%(数1A:85 数2B:91 化学:87 生物:90 英語筆記:192 リス:42点 国語171点 地理65点)

使用した問題集

数学:基礎問題精講、合格る計算、理解しやすい数学(2Bのみ)。
英語:DUO、ネクステージ、基礎英文問題精講、速読英単語(必修編)、基礎英語長文問題精講、リンガメタリカ、基礎英作文問題精講。
化学:宇宙一わかりやすい化学、Excel化学のみ。
生物:Excel生物のみ。

医学部おすすめ参考書・問題集と使用方法まとめ

通塾において注意していたことや後輩へのアドバイス

1年の心がけとして

全ての教科において基礎が不十分であったため、基礎を徹底し本質を理解することを重視していました。また、先輩方の体験記を読んで私とは考え方や習慣があまりにもかけ離れていたため、少しでも近づけるよう、指摘して頂いたことには素直に従い、塾生ページは何度も読み返して理解し吸収することに努めていました。また、自分の勉強の進め方や考え方が塾生ページとずれていないかを常に確認しながら取り組んでいました。

生活習慣

4月に様々な睡眠時間を試したところ、私にとっては6時間が最適だったので23:30~24:00に就寝、5:30~6:00に起床していました。また、食事や入浴の時間なども細かく決め、その時間通りに行動するようにしていました。体力の低下も心配だったので、起床後は柔軟運動とダンスをする習慣をつけていました。就寝前は一日を振り返り無駄だったことを日記に書き留め、翌日以降の学習で反省を生かせるように努めていました。1年を通してなるべく同じ生活習慣で過ごすことを心掛けていました。
ただ反省点として、直前期に願書の準備や課題、復習などのやるべきことが多く、予定通りに行動出来ない日もあり時間の使い方にかなり苦労しました。自分では時間に余裕を持って願書の準備を進めたつもりでしたが、余裕がなかったので、もう少し早く準備を進めれば良かったかなと考えています。

通塾時間について

通塾時間は電車で1時間程でした。私は英語に対する苦手意識が強かったため、通塾途中は1年を通してDuoの暗記をしていました。混雑する時や乗り換えの際には本を開くことが出来ませんでしたが、暗記した例文や単語を思い出すことで、時間を無駄にしないようにしていました。

塾生ページの活用

勉強方法や試験の解き方など、受験生として大切な情報がたくさん記載されていたため、何度も読み込んでいました。その際、何度も字面を追うと文章に慣れてしまい分かった気分になる恐れがあると感じていたため、自分の言葉で言い換えて説明できるかを確認していました。説明中に詰まった時には、理解出来ていない部分があることを自覚でき、また理解度を確かめる事が出来ていたのではないかなと考えています。
さらに、精神面においても支えになりました。特に直前期や本番は不安な気持ちがあったものの、繰り返し読み直すことで改めて気づくこともありましたし、試験の解き方を徹底するという本質を見失うことなく試験に臨むことが出来たのだと思います。

課題の取り組み方

目安の期間には遅れることがないように、初めての課題が出た時は毎日どのくらいのペースで取り組むかを考えました。暗記する際には、ただ別個に丸暗記するのではなく、理解を伴わせ関連する事項と絡めて知識を定着させていきました。また、繰り返し学習した後は、ただ問題がすらすら解けるかを確認するだけではなく、その問題から派生される知識も含めて暗記していきました。

具体的には単語を見ただけで人に詳細まで説明できるか、図や表を何もない状態から書き出せるかなどの方法を取っていました。それらが出来なかった時には、自分にとって理解や暗記が不十分な事項が浮き彫りとなったので、それに基づき優先順位をつけて学習を行っていました。

面談について

面談の際に相談したいことを忘れないよう、家でまとめてから通塾していました。しかし極度に緊張してしまい、相談したいことを上手く話せず悩んだことがありました。その際、講師の方に、相談内容を事細かく覚えてその通りに言おうとしていたことが原因であることを気づかせて頂けたことがとても印象に残っています。それからは過度に緊張することなく臨めるようになり、毎回とても有意義な時間となりました。また、受験期の面談においては本番での反省点を踏まえた上でアドバイスを頂いたり、不安なことを相談することで気を落ち着かせて本番の試験を乗り切ることが出来たのだと考えています。

面談で頂いたアドバイスは、その都度メモ帳に記しておき、日々の勉強ではもちろん、本番の休み時間などには慣れ親しんだものとして目を通すことで心を落ち着けていました。

月一シート

日々の学習において気になり書き留めておいたことを総括して月一シートを作成しました。私はこれまで分析というものをきちんとしてきたことがなかった上に文章を書くことが苦手だったので、なるべく分かりやすいように書くことを心がけていました。
具体的には、句読点のつける位置は適切か(意味の捉え方が何通りもないか)や、回りくどい表現ではないか、また字は丁寧か、誤字脱字がないかなどに気をつけていました。最初はうまく書けず、また分析を書くのに時間もかなり要していて苦しかったですが、月日が経つにつれて徐々に分析すること、書くことにも慣れていきました。日々分析をする環境に身を置いたことで、表現法も身に付けることが出来、面接や小論文対策に直結していたのではないかなと考えています。

模試について

模試の1週間前は、予定を立て基礎問題集の復習に取り組みました。初めのうちは、全範囲を復習したくなってしまい優先順位を立てて復習することがうまく出来ませんでした。しかし、日々の学習段階において模試の前にはどれを復習したいかを常に考え、付箋を貼ったりメモしておいたことで、徐々に自分なりの復習の仕方を確立することが出来るようになりました。特に後半の模試では本番1週間前を想定した復習を行ったことで、本番前の復習で何をしようか迷う時間がなく集中して勉強することが出来ました。

模試受験後は、間違えた部分を中心に細かく分析しました。その際にも基本的な問題での失点は基礎問題集に立ち戻り最優先で復習する等、優先順位を立てて取り組みました。失点した理由等を丁寧に分析することで問題自体の印象が強くなり同じ間違いをすることが減らせていたのではないかなと感じています。

また、解き方はしっかり行っていたつもりだったのですが、私はミスが多く毎回悔しい思いをしました。特に印象に残っているのは、第1回記述模試で英作文に時間をかけれなかった、というミスをしたことです。模試後のフィードバックで厳しく言って頂いたことで、本当にしてはいけないミスだったということが染み付き、その後は一度も同じミスをしないという結果に繋がったのだと思います。失敗した後すぐにフィードバックして頂ける環境で学ぶことが出来て本当に良かったなと感じています。
経験したミスはミスノートに書き留め、試験前に再度見返して、注意するポイントを確認していました。

過去問演習について

試験の解き方の練習の場であると捉え、点数などの目先の数字は全く気にせずに取り組んでいました。また、普段は自室で学習することが多かったですが、緊張感を持たせるために図書館で行いました。その際、持ち物や試験時間を本番と同様にしておいたことも良い練習になったのではないかなと感じています。

使用していた参考書に記載があるものの暗記が出来ていなかった事項も過去問演習においては多かったので、次に出された時には解答できるよう、既知の事項と関連づけてその都度暗記していきました。加えて、難しすぎるものも含まれていたので、そのような問題には固執せず、基本が習得出来ていれば正解できた問題に分析する時間を充てていました。

分析も模試の時と同様に丁寧に行いました。様々な形式の試験がある上、予想外のことも起こる可能性を考え本番で臨機応変に対応出来るよう、想定される状況はシミュレーションしていました。具体的には1周目でどれも解けなかった場合の2周目以降の時間の使い方、英語の長文で読みにくいものが出た時の対処法など、考えられることはたくさんありました。

受験本番について

これまでの生活習慣からなるべく逸脱しないように心がけていました。
ただ反省点として、試験によっては今までの起床時間では間に合わないことに前日まで気づかず、睡眠時間を削らざるを得なくなり、少し体調を崩したことがありました。前もって試験の予定を確認する際に、就寝起床時間を再度見直していれば良かったのではないかなと考えています。

生活習慣を極力維持したことで、過度に緊張することは防ぐことが出来ましたが、全く緊張しなかったということはなく、緊張のためか私立の前半戦では英語の長文で読めなくて焦るという失敗をしてしまいました。失敗したことにかなり落ち込みましたし不安になりましたが、その試験が終わった日に通塾しすぐにアドバイスを頂けたことで、後半の試験では反省を活かして臨むことが出来たと考えています。

試験が連続した際も可能な限り通塾を継続したことで、面談を通して試験の解き方を毎回再確認出来たため、通塾して良かったと感じています。
合間の休み時間では周囲の声で惑わされること、終わった試験を振り返ることを防ぐために音楽を聴き、ミスノートや分析シート、使い慣れた参考書等を見ていました。

講師からのフィードバック

上記をご覧いただくと分かる通り、彼女は非常にしっかりされており、塾生ページの資料や講師との面談から多くのことを吸収しながら1年間を過ごされました。
謙虚かつ素直に指導を生かそうとする姿勢や、分析シートの内容、生活習慣のどれをとっても模範的で、医学部受験生が見習うべき生徒の1人だったといえます。

特に彼女の分析シートは非常に優れており、生徒の中でもトップレベルの分析を毎回提出されていました。
分析内容がよく考えられていたのはもちろんのこと、もともと文章を書くのが苦手だったとは信じられないほど、文章力や読みやすさについても優れていました。
このような工夫は講師が直接指導したのではなく、本人が自分なりに考えて貪欲に学んでたからこそできたのだと思います。
彼女自身が書いている通り、このように文章を書く習慣をつけることは医学部受験における願書や小論文の対策にもなっています。小手先の小論文テクニックを学ぶより、読みやすく論理的な文章を書く習慣をつけることの方が遥かに重要だといえます。

彼女の合格した医学部を見ると順調に受験を進めていたように見えますが、私立医学部の前半戦では一時試験に通過しなかったり、正規合格ができないという状況が続いていました。
精神的に本当に辛い時期ではあったと思いますが、通塾を継続し、最後まで諦めることなく入試に臨んでいました。精神的に辛い状況でも、講師との面談でアドバイスされたことを必ず改善して次の入試に活かせたのは、分析と改善を繰り返す習慣が身についていたからだと思います。
受験期においても諦めずに最善を尽くす努力を継続された結果、日本医科大学の後期試験では特待合格、そしてセンターボーダーよりビハインドではありましたが、第一志望であった横浜市立大学医学部に合格されました。

前半の試験で失敗したことを常に分析し、改善を繰り返したことで、私立医学部の後期や国公立医学部の試験において良い結果が出たのだと思われます。

 

彼女は講師として勤務していただくため、通塾生は是非面談等をとおして彼女から多くのことを学んでほしいと思います。

 

その他の医学部合格体験記は合格体験記一覧をご覧ください。

医学部予備校ACE Academyの医学部勉強法

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部受験で難しいのは、他学部に比べ多くの科目をバランスよく習得しなければならないこと・本番ミスなく問題を解ききる力を身に着けなければならないことです。
難しい講義を受けたりして、特定の科目のプロになる必要は全くありませんし、解法をただ理解していても本番自力で解ききれなければ使い物になりません。

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。
当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、「どのような勉強をすれば医学部に合格できるのか」という正しい勉強法を指導しています。

2.医学部に進学した卒業生が使用していた参考書を使用

当塾では、集団講義は行わず、個別に課題を作成しています。
課題となるのはすべて市販の参考書であり、高額なオリジナルテキスト等は使用しておりません。
これまで医学部に合格した卒業生のデータから、「どの参考書をいつ使えば医学部に合格できるか」という独自のノウハウを蓄積しています。
そこから、生徒一人一人に最適な課題を作成し、指導にあたっています。

*質問対応・塾生限定公開のオリジナル解説集など、問題集を自力で進めるためのサポートも充実しています。

3.正しい試験の解き方を習得し、本番の得点力を上げる

医学部受験は、受験層のレベルの高さ・倍率の高さとともにトップクラスであることから、ミスに対して非常にシビアな受験となります。
どんなに成績のいい人でも、試験本番、緊張や焦りによりミスを重ねてしまうと合格は一気に遠のきます。
当塾では、成績を伸ばすことと同等に、「正しい試験の解き方」の指導を重視しています。正しい試験の解き方を身に着けることで、入試本番の得点力(=本番特有の緊張やプレッシャーに負けず、いつでも実力を発揮する力)を養うことができます。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。
学習効率を追求した指導システムを採用し、無駄の多い集団講義は一切行っていません。
「医学部に合格できる人」の考え方と習慣を身につけることで、自ら成績を伸ばし本番合格する力を養います。

例年国公立医学部・難関私大医学部を含む合格者を多数輩出し、どのようなタイプの生徒様がどういった成績の推移でどういった医学部に合格したか(あるいは合格できなかったか)等をすべて経験とデータの両方で蓄積しています。豊富なデータを生徒様個別の課題作成や受験校推奨に反映しています。

また、浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。

医学部予備校ACE Academyはこちら

 

当塾の卒業生有志が立ち上げてくれたTwitterアカウントです。医学部受験や当塾に関する質問、相談はこちらへ。

LINE@(ID:@aceacademyで検索)にて医学部受験の有益な情報を配信しています。

友だち追加

当塾twitterのフォローはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る