【2019】帝京大学医学部 合格体験記(2浪・女性 2年通塾)

合格した医学部

帝京大学医学部 正規合格

成績推移

高3終わりの3月に入塾(実質1浪開始時に入塾)。2年間通塾し2浪で上記医学部に合格となった。

高3時成績
2017年センター試験 英数理率70.2% (数1A:65 数2B:71 化学:59 生物:63 英語筆記:158)

・1浪目の成績推移

5月河合記述模試 総合60.5 (数学:62.7 化学59.5 生物:58.0 英語:61.9)
8月河合記述模試 総合62.4 (数学:62.6 化学66.9 生物:59.7 英語:60.2)
10月河合記述模試 総合61.9 (数学:61.2 化学:65.6 生物:63.5 英語:57.1)

1年目センター試験成績 英数理率74.8%(数1A:71 数2B:73 化学:73 生物:85 英語筆記:147)

・2浪目の成績推移
5月河合記述模試 総合63.8 (数学:61.0 化学:62.9 生物:61.0 英語:70.3)
8月河合記述模試 総合67.7 (数学:63.0 化学:69.9 生物:68.4 英語:69.5)
10月河合記述模試 総合61.8 (数学:51.5 化学:62.5 生物:62.5 英語:70.5)

センター試験本番 英数理75.2%(数1A:77 数2B:62 化学:63 生物:74 英語筆記:175)

使用した問題集

1年目
数学:基礎問題精講、合格る計算
英語:DUO、ネクステージ、基礎英文問題精講、基礎英語長文問題精講、速読英単語(必修編+上級編)。
化学:宇宙一わかりやすい化学、Excel化学のみ。
生物:大森生物、Excel生物のみ。

2年目
数学:基礎問題精講、理解しやすい数学(1A,2B)、合格る計算。
英語:DUO、ネクステージ、基礎英文問題精講、速読英単語(必修編)、基礎英語長文問題精講、リンガメタリカ。
化学:宇宙一わかりやすい化学、Excel化学のみ。
生物:大森生物、Excel生物のみ。

医学部おすすめ参考書・問題集と使用方法まとめ

成功要因

1年目で合格ラインに達するまで成績を伸ばしたものの、元々英語が苦手であったことから、本番で安定した得点をとるのが難しく、結果的に不合格となってしまいました。

2年目からは、英語・理科を重点的に伸ばし、特に英語をできるだけ引き上げる方針としました。それにより、1浪時の英語の偏差値は60前後だったものの、2浪目は偏差値70前後で安定するまで成績を伸ばすことができました。
英語・理科で安定して成績を取る戦略を立て、基礎から徹底的に固めたことが合格に寄与したと考えられます。

 

しかし、2年間彼女をみてきて、やはり1番の成功要因は彼女自身の努力です。
合格後に話を聞いたところ、
「1浪目の終わりに、2浪目が決まった日だけは1日放心状態だったが、それ以外で手を抜いたり勉強しなかった日はなかった。」と話してくれました。
2年間の間で勉強を休んだ日はたったその1日だけだったということです。

2年間継続するということはメンタル的にも非常に困難なことであり、実際に2浪目のセンター試験後には食べ物がのどを通らないほど辛かったそうです。そのような状況でも、受験本番の期間も1度も欠席せずに通塾を続け、最後まで全力を尽くそうとしていた姿が印象的でした。

 

(ここからは個人的に彼女のことを非常に信頼しているため、記載します。)

本人にとっても、やはり周囲が1年で結果を残している生徒が多いことや、また2年間継続したのであればもっとよい結果を残したかったというのが正直なところだったと思います。実際に2年目は全体的に成績が伸び、成績的には模擬試験で最高偏差値67.7まで伸びていました。

しかし、受験というのは多少なりとも向き不向きもありますし、勉強は幼少期からの積み上げなので1年や2年では追いつけないこともあります。
そのため他人との比較ではなく、自分自身の中で最大限の成果を出すということが大切だと思っています。

彼女は、上記のように2年間の中で1日しか勉強を休まなかったこと、分析シートを提出するのにも人一倍時間がかかっていたにも関わらず毎回丁寧に分析シートを記載し提出していたこと、特に2年目の本番時期では非常に精神的に辛い時期だったはずですが、その中でも通塾を休まなかったことなど、2年間自分なりに最大限の努力をされていたことは間違いありません。
結果的に、医学部進学という結果に結びついて本当によかったと思います。

医学部受験は幼少期からの積み重ねもあります(算数国語理科社会英語などいずれも幼稚園や小学生から勉強ははじまっています)。また本人の努力だけではなく親御様の努力やサポートのおかげでもあります。
そのため、本人がそんなに努力していなくても医学部に合格できる人もいますし、逆にものすごい努力をしても思ったような結果がでないこともよくあります。

しかし、医学部に進学してからは基本的にみんな同じスタートラインに立ちます。受験生時代や浪人時代にあまり努力せずに合格してしまい、それを自分の能力だと勘違いしてしまうことで、医学部に合格してから努力ができない人も多々います。
これから先は非常に長い時間をかけて勉強していく必要があります。そのため要領の良さではなく、自分なりの精一杯の努力を継続できる力が大切になってくるはずです。

この2年間の努力で得たものや、得られなかったものも含めて、今後に必ず活きていくと思います。
また、2年間ほとんど休まず一つのことを継続することは、誰しもが簡単にできることではないので、その自身の良さをしっかり認識してこれからに活かしていただきたいと思います。

2年間本当にお疲れ様でした。

 

その他の医学部合格体験記は合格体験記一覧をご覧ください。

医学部予備校ACE Academyの医学部勉強法

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部受験で難しいのは、他学部に比べ多くの科目をバランスよく習得しなければならないこと・本番ミスなく問題を解ききる力を身に着けなければならないことです。
難しい講義を受けたりして、特定の科目のプロになる必要は全くありませんし、解法をただ理解していても本番自力で解ききれなければ使い物になりません。

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。
当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、「どのような勉強をすれば医学部に合格できるのか」という正しい勉強法を指導しています。

2.医学部に進学した卒業生が使用していた参考書を使用

当塾では、集団講義は行わず、個別に課題を作成しています。
課題となるのはすべて市販の参考書であり、高額なオリジナルテキスト等は使用しておりません。
これまで医学部に合格した卒業生のデータから、「どの参考書をいつ使えば医学部に合格できるか」という独自のノウハウを蓄積しています。
そこから、生徒一人一人に最適な課題を作成し、指導にあたっています。

*質問対応・塾生限定公開のオリジナル解説集など、問題集を自力で進めるためのサポートも充実しています。

3.正しい試験の解き方を習得し、本番の得点力を上げる

医学部受験は、受験層のレベルの高さ・倍率の高さとともにトップクラスであることから、ミスに対して非常にシビアな受験となります。
どんなに成績のいい人でも、試験本番、緊張や焦りによりミスを重ねてしまうと合格は一気に遠のきます。
当塾では、成績を伸ばすことと同等に、「正しい試験の解き方」の指導を重視しています。正しい試験の解き方を身に着けることで、入試本番の得点力(=本番特有の緊張やプレッシャーに負けず、いつでも実力を発揮する力)を養うことができます。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。
学習効率を追求した指導システムを採用し、無駄の多い集団講義は一切行っていません。
「医学部に合格できる人」の考え方と習慣を身につけることで、自ら成績を伸ばし本番合格する力を養います。

例年国公立医学部・難関私大医学部を含む合格者を多数輩出し、どのようなタイプの生徒様がどういった成績の推移でどういった医学部に合格したか(あるいは合格できなかったか)等をすべて経験とデータの両方で蓄積しています。豊富なデータを生徒様個別の課題作成や受験校推奨に反映しています。

また、浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。

医学部予備校ACE Academyはこちら
タイトルとURLをコピーしました