特待制度スタート。学費月5万円。
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

【決定版】私立医学部受験校の選び方まとめ

私立医学部を受験する方は、どこを受験したらよいのか迷われることも多いと思います。

受験校を選ぶ際、特に重要なのは、「学費的にどこまで受験可能か」ということです。

問題の相性や、大学の特徴(例えば救急に強い等)も踏まえて出願しようとする方もいますが、あまりおすすめできません。
問題の相性と合否に相関関係がないことが分かっていますし、大学の特徴次第で医師人生が大きく変わることもないためです。

また、学費的に受験可能な大学が多いほど合格可能性は高まります。(私立医学部の学費と偏差値はほぼ反比例しているため。)

下記で500万円ごとに学費による分類を出しましたが、どこの分類まで出願できるかによって、合格しやすさは大きく変化します。
親御様とも早めに相談し、どこまで受験できるかを決めておきましょう。

 

学費による分類

2500万円まで

国際医療福祉:1850万円

順天堂:2080万円(B特待生:1990万円)

慶應:2199万円

日医:2200万円(前期上位10名、後期上位3名:1950万円)

慈恵:2250万円

昭和:2309万円(特待生:2009万円)

3000万円まで

東邦:2580万円

東医:2983万円(一般上位35名、センター利用上位15名:2483万円)

3500万円まで

日大:3338万円

女子医:3391万円(上位5名:2271万円)

聖マリ:3440万円

東海:3531万円

3500万円〜

獨協:3730万円

帝京:3750万円

杏林:3755万円

埼玉:3917万円

北里:3953万円

 

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。
当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、「どのような勉強をすれば医学部に合格できるのか」という正しい勉強法を指導しています。

2.週に1回、生徒個別に課題を作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を作成しています。

例年、国公立・難関私大を含む医学部合格者を多数輩出し、豊富なデータを蓄積しています。
実際に医学部に進学した卒業生のデータをもとに、医学部に合格するための課題作成を生徒個別に行っています。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

浪人生は月額10万円、高校生は月額5-7万円、通信生は月額3万円と、医学部専門予備校としては最も安い学費を実現しています。
(短期講習などの追加費用も一切ございません。)

また、特待制度を設けており、条件を満たす方は通塾生も月額5万円で指導を提供いたします。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。

詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました