特待制度スタート。学費月5万円。
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

聖マリアンナ医科大学の面接小論文対策まとめ

聖マリアンナ医科大学の面接対策

形式

個人面接   15~30分

面接官:3人

過去問

・志望理由
・単科医科大学の特徴
・大学はどういった人を求めていると思うか
・理想の医師像
・浪人生活を通して思ったこと
・本学の2次試験を通過するのはどのような人か
・医学部の勉強は受験勉強よりも大変だがやっていけるか
・医師に必要な資質と自分にそれが備わっているか
・部活動の経験をどう生かせるか
・意見が合わない人と仕事をするとき、どうするか
・あなたにとって死とは何か
・患者と自分の望む治療が異なった場合、どうするか
・最後に1分で自己PR

合格した卒業生のアドバイス

はじめに大学志望理由と医師志望理由を聞かれました。次に理想の医師像を聞かれ、自分が答えた内容をもとに、それが自分に足りているかどうかを聞かれ、それに関連して自分に足りない部分を補う方法を聞かれました。その後別の面接官から、意見が合わない人と仕事などで関わるときにどうするかを聞かれました。最後に自己PRの時間が1分ほど与えられ、面接が終了しました。

面接官は常にメモを取っていて、受験生の考えをしっかりと聞きたいという印象でした。所々で準備していないことを聞かれることがありましたが、自分の意見を素直に伝えると掘り下げられた場合にも答えやすいので、落ち着いて考えを伝えることが大切だと感じました。

準備しておいた方が良い点

志望理由のような典型的な質問に対する回答を準備しておけば大丈夫ですが、単科大学であることが特徴の一つなので、一度調べておくと良いと思います。願書に書かれていないことを聞かれることが多いので前もって準備できることは少ないですが、自己PRについては一度時間を計ってみると本番聞かれたときに話しやすくなると思います。

面接対策まとめ

典型的な質問のほか、その場で考えさせられる質問が多いので、自分の意見をできるだけ根拠をもって伝えられると良いと思います。

聖マリアンナ医科大学の小論文対策

形式

課題文読解型  60分(100点)字数制限は年度により異なる

過去問

・「ハーバードの医師づくり―最高の医療はこうして生まれる」(田中まゆみ著)
・「ホスピスからの贈り物」(横川善正著)

合格した卒業生のアドバイス

短く抽象的な詩を読んで、考えたことや感じたことを述べるものでした。独特な詩でしたが指示が少なかったので、単語から想像したことを述べたり、自分自身と結びつけて考えたり、自由に書けるものでした。形式によらず、意見がまとまり次第書きだすことや字数制限を守ることは同じなので、形式に戸惑わずに落ち着いて取り組むとよいと思います。

小論文対策まとめ

テーマは独特でしたが、小論文の基本的な書き方はほかの形式と同じなので、小論文対策は基本的なこと(字数を守る、時間配分をするなど)で十分だと思います。

聖マリアンナ医科大学の合格体験記

(卒業生講師)英語数学とも偏差値50台から複数の私立医学部に合格
【2019】聖マリアンナ医科大学 合格体験記(1浪・女性)

(卒業生講師)進学校ではない高校に通い、学校生活で表彰を受けるほど高校と当塾を両立しながら日本医科大学に現役で合格
【2019】日本医科大学、昭和大学医学部 合格体験記(現役・女性)

前年度センター英数理60.3%から1年で医学部に合格
【2019】聖マリアンナ医科大学 合格体験記(1浪・女性)

聖マリアンナ医科大学の情報まとめ

聖マリアンナ医科大学の偏差値、学費、勉強法・対策法、面接小論文対策、合格体験記、学生生活、入試結果、合格発表等の受験情報はこちらをご覧ください。

医学部面接、小論文対策方法まとめ

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。 当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、正しい勉強法を指導しています。

2.最難関医学部まで到達可能な課題作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を提供しています。 これまで、慶應医学部、千葉大学、神戸大学、横浜市立大学、筑波大学、慈恵会医科大学、順天堂医学部、日本医科大学など最難関、難関医学部への合格者を数多く輩出し、豊富なデータを蓄積しています。 実際に医学部に進学した卒業生のデータに基づき、生徒1人1人に最適なカリキュラム作成と課題管理を行います。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

「医学部受験において最高峰の指導をより安く」を理念とし、医学部専門予備校において最も安い学費を実現しています。 浪人生:月額10万円。高校生:月額5-7万円。通信生は月額3万円。 (短期講習などの追加費用も一切ございません。) また、特待制度を設けており、条件を満たす方は通塾生も月額5万円で指導を提供いたします。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。 詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました