特待制度スタート。学費月5万円。
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

順天堂大学医学部の面接小論文対策まとめ

順天堂大学医学部の面接対策

形式

個人面接  30分間

面接官:4人

過去問

・志望理由(大学、医師)
・パンフレットにない本学の特色を2つ
・本学の情報はどこから得たか
・中学や高校の部活動について
・ボランティア活動について
・出身高校/予備校について
・学科試験やセンター試験の出来
・昨年の受験結果と今年の私立大学入試の結果
・小論文の出来と内容の説明、着目した理由
・小論文の出典について、後で自分で調べた内容と手段
・人のためにする仕事は医師以外にもあるが、なぜ医師なのか、他に考えた職はないのか
・海外で生活した経験について(センタ・一般独自併用)
・英語で出身高校のPR(センタ・一般独自併用)

合格した卒業生のアドバイス

それぞれの先生によって質問する内容が決まっていました。

全体として、一般的な質問、事前に書いていた小論文に関する質問、持ってきたものに関する質問がありました。面接時間は比較的長めなので、どの質問も深く掘り下げて進んで行きました。質問に対して答えが一文で終わってしまうよりも、その理由などをしっかり自分の言葉で説明したことで、話が途切れて答えづらい質問をされてしまうという事を防ぐことができました。部活動やボランティアなど、これまでの特徴的な活動を行ったことを証明する資料はほとんどの人が持参していました。資料に関しては特に悩む必要はないと思いますが、話のネタになるように一つ一つの物に関する話題はなんとなく考えていた方が良いと思います。

また小論文に関して面接のときに聞かれると思うので自分がどのような意図で書いたのか少し思い出してみると良いと思います。

全体的に和やかな雰囲気で進んでいきました。

準備しておいた方が良い点

大学志望動機、医師志望動機、長所短所、高校生活について等、典型的な質問に対する回答は準備しておきましょう。また、持ち物もただ持っていくだけではなく、そのエピソードを軽くまとめておくとよいです。

面接対策まとめ

面接時間は30分と長めですが、特に難しい質問をされるというわけではありません。典型的な質問に対し、落ち着いて答えられたら問題ないでしょう。

順天堂大学医学部の小論文対策

形式

図版問題  60分 600字

合格した卒業生のアドバイス

絵をみて思ったことを書くというやや特殊な形式でした。何について書くのかテーマを決めるのに少し時間がかかりましたが、自分の知識と無理やり繋げても特に問題は無いように思われます。字数もそこまで多くはないので特別な練習は必要ありません。

小論文対策まとめ

形式としては少し書きにくいように感じるかもしれません。
しかし、字数は600字程度とそう多くないので、ある程度内容がまとまれば書けてしまうと思います。
特別な対策は必要ないと思われます。

順天堂大学医学部の合格体験記

(卒業生講師)成績を大きくのばし国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に合格
【2018】慈恵会医科大学/新潟大学医学部 合格体験記 (1浪・女性)

英語偏差値50台から1年で国公立医学部、慈恵、順天堂など難関私立医学部を含む7校に現役合格
【2017】慈恵会医科大学/信州大学医学部 合格体験記 (現役・男性)

前年度センター英語でパニックになり130点代となったが、試験の解き方を徹底してセンター本番92.2%を獲得
【2017】新潟大学医学部 合格体験記 (2浪・男性)

順天堂大学医学部の情報まとめ

順天堂大学医学部の偏差値、学費、勉強法・対策法、面接小論文対策、合格体験記、学生生活、入試結果、合格発表等の受験情報はこちらをご覧ください。

医学部面接、小論文対策方法まとめ

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。 当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、正しい勉強法を指導しています。

2.最難関医学部まで到達可能な課題作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を提供しています。 これまで、慶應医学部、千葉大学、神戸大学、横浜市立大学、筑波大学、慈恵会医科大学、順天堂医学部、日本医科大学など最難関、難関医学部への合格者を数多く輩出し、豊富なデータを蓄積しています。 実際に医学部に進学した卒業生のデータに基づき、生徒1人1人に最適なカリキュラム作成と課題管理を行います。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

「医学部受験において最高峰の指導をより安く」を理念とし、医学部専門予備校において最も安い学費を実現しています。 浪人生:月額10万円。高校生:月額5-7万円。通信生は月額3万円。 (短期講習などの追加費用も一切ございません。) また、特待制度を設けており、条件を満たす方は通塾生も月額5万円で指導を提供いたします。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。 詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました