医大生有志が運営するLINE@はこちら!
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

2020横浜市立大学医学部受験情報

横浜市立大学医学部の偏差値

偏差値:69

医学部偏差値ランキングと医学部の難易度について

横浜市立大学医学部のセンターボーダー、足切り

センターボーダー:88%

足切り:82%

医学部センター試験ボーダー、足切り情報まとめ

横浜市立大学医学部の勉強法、対策法

横浜市立大学医学部の面接小論文対策

横浜市立大学医学部の学生生活

横浜市立大学医学部の合格体験記

横浜市立大学医学部の受験情報

2020年度横浜市立大学医学部募集要項

横浜市立大学募集要項(公式HP)

一般前期入試

募集人数

募集人数:74名(一般枠58+地域医療枠14+神奈川県指定診療科枠2)

*神奈川県指定診療科枠は神奈川県内高校出身または1年以上の居住歴が必要

試験日程

出願期間・1次試験・2次試験・合格発表・入学手続き締切の日程はこちら
センター試験出願期間:2019/9/30(月) ~10/10(木)

センター試験:2020/1/18(土)・19(日)

第1段階選抜:(募集人員の約3倍(222人程度)で実施)

個別試験出願期間:2020/1/27(月) 〜2/5(水)

個別試験:2020/2/25(火) 、2/26(水)

合格発表:2020/3/8(日)

入学手続き締め切り:2020/3/13(金)

試験科目・配点・試験時間

センター試験

英語 300点
数学(IA,IIB) 200点
理科(2科目) 200点
国語 200点
地歴・公民 100点

個別試験

英語 400点・90分
数学 400点・120分
理科(2科目) 400点・180分
面接 段階評価(医師を志す動機、医学・医療に対する適性、意欲、社会的適応力などを総合的に評価)
小論文 段階評価・60分(テーマについて1000字程度で論述)

特別推薦入試

募集人数

募集人数:(県内)9名(地域医療枠7+神奈川県指定診療科枠2) (県外)5名(地域医療枠4+神奈川県指定診療科枠1)

試験日程

出願資格
次に掲げる基準をいずれも満たす者で、学校長が推薦する者
(1校につき、神奈川県指定診療科枠を第1志望とし、地域医療枠を第2志望とする者1名、神奈川県指定診療科枠を志望せず、地域医療枠のみを志望する者1名の計2名まで推薦可)
① <県内高校区分> 神奈川県内の高等学校(中等教育学校含む)、 <県外高校区分> 神奈川県外の高等学校(中等教育学校・文部科学大臣認定在外教育施設含む)を、2020(令和 2)年 3 月卒業見込みの者(標準的な卒業期日が 3 月でない学校の場合は、その直前の期日に卒業の者)
② 本学への入学を強く希望し、合格した場合は入学することを確約できる者
③ 全体の評定平均値が 4.3 以上で、学習成績概評が Ⓐ の者
④ 数学Ⅲに加え、「物理基礎・物理」「化学基礎・化学」「生物基礎・生物」のうち2つの科目群を修得または修得見込みの者
⑤ 下記に定める資格のいずれかのスコア・級を有し、公式な成績証明書を提出できる者
<2017 年4月以降に受検した英語資格に限る。TOEFL-ITP、TOEIC-IP は認められない>
TOEFL-PBT 460(iBT 48)以上
TOEIC(L&R) 500 以上
英検2級以上
GTEC(2017・2018 年度の3技能版)600 以上
GTEC(2019 年度の4技能版)1000 以上
IELTS 4.5(アカデミック・モジュール各パート 4.0)以上

出願期間・1次試験・2次試験・合格発表・入学手続き締切の日程はこちら
出願期間:2019/11/5(火) ~7(木)

1次試験:書類審査

1次合格発表:2019/11/19(火)

2次試験日:2019/12/7(土)

2次合格発表:2019/12/13(金)

センター試験:2020/1/18(土) ・19(日)

合格発表:2020/2/12(水)

試験科目・配点・試験時間

1次試験

出願者数が<県内高校区分>で概ね25名、<県外高校区分>で概ね15名を超えた場合、全体の評定平均値(4.3~5.0)と英語資格点(3.0~5.0)の合計点(7.3~10.0)および出願書類の総合評価により、第1次選考を行う。

2次試験

面接 1000点・MMI方式で、各受験者に対して5つ程度の面接室を設ける。

*MMI:1回の面接ではなく、受験者が評価項目別の面接室を巡り、各々独立した短めの面接を複数回行って多面的に評価する面接手法。

センター試験

英語 300点
数学(IA,IIB) 200点
理科(2科目) 200点
国語 200点
地歴・公民 100点

国際バカロレア入試

募集人数

募集人数:2名

試験日程

出願資格
次の①~③のいずれにも該当する者
① 国際バカロレア機構から、2018 年 4 月 1 日から 2020 年 3 月 31 日までに国際バカロレア資格(InternationalBaccalaureate Diploma)を授与された者もしくは授与される見込みの者
② 国際バカロレア資格において,次の(1)~(3)のいずれにも該当する(見込の)者
(1) 全体の成績評価が39以上
(2) 言語Aを日本語(HL・SLのいずれでも可)により履修し成績評価4以上、または言語Bを日本語(HL)により履修し成績評価6以上
(3) 物理、化学、生物から2科目および数学の3科目を履修し、うち1科目はHL成績評価4以上、他の2科目はSL成績評価5以上又はHL成績評価3以上
③ 下記に定める資格のいずれかのスコアを有し、公式な成績証明書を提出できる者<2017 年4月以降に受検した英語資格に限る。>
TOEFL-iBT 80 以上
IELTS (アカデミック・モジュール)6.0 以上
<どちらも各パートの得点差は不問>

出願期間・1次試験・2次試験・合格発表・入学手続き締切の日程はこちら
出願期間:2019/11/5(火) ~7(木)

1次試験:書類審査

1次合格発表:2019/11/19(火)

2次試験:2019/12/7(土)

2次合格発表:2019/12/13(金)

3次試験:書類審査(2020/2/5(水) 必着)

合格発表:2020/2/12(水)

試験科目・配点・試験時間

1次試験

出願者数が概ね6名を超えた場合のみ、国際バカロレア資格の全体成績評価を 1,000 倍した数値(39,000~45,000) と TOEFL スコア(80~120)の合計点(39,080~45,120)により、第1次選考を行う。

*IELTS については、6.0→80、6.5→90、7.0→100、7.5→106、8.0→112、8.5→116、9.0→120、と TOEFL スコアに換算する。

2次試験

面接 1000点 MMI方式で、各受験者に対して5つ程度の面接室を設ける。

3次試験

合格した場合の入学意志の有無、および国際バカロレア資格(見込で出願した者)の最終評価を確認する。

2019横浜市立大学医学部の入試データ

前期(一般枠+地域枠+神奈川県枠)

志願者:337人
受験者:218人
合格者:87人
追加合格者:5人
入学者:82人
倍率:2.5%

2019横浜市立大学医学部の合格最低点

一般前期 満点2200点 合格最低点1649.40点(75.0%)

(センター) 満点1000点 合格最低点非公表 平均点894.22点(89.4%)

(個別) 満点1200点 合格最低点非公表 平均点863.39点(71.9%)

効率的に勉強したい方におすすめの医学部予備校

1.医師・医学生講師が正しい勉強法を指導

医学部に合格するための勉強法は、実際に医学部に合格した人に教わるのが最も効果的です。 当予備校では医師・医学生のみが指導にあたり、正しい勉強法を指導しています。

2.最難関医学部まで到達可能な課題作成

当塾は無駄の多い集団講義は行わず、生徒個別にカリキュラムを作成し、毎週課題を提供しています。 これまで、慶應医学部、千葉大学、神戸大学、横浜市立大学、筑波大学、慈恵会医科大学、順天堂医学部、日本医科大学など最難関、難関医学部への合格者を数多く輩出し、豊富なデータを蓄積しています。 実際に医学部に進学した卒業生のデータに基づき、生徒1人1人に最適なカリキュラム作成と課題管理を行います。

3.医学部予備校で最も安い学費を実現

「医学部受験において最高峰の指導をより安く」を理念とし、医学部専門予備校において最も安い学費を実現しています。 浪人生:月額10万円。高校生:月額5-7万円。通信生は月額3万円。 (短期講習などの追加費用も一切ございません。) また、特待制度を設けており、条件を満たす方は通塾生も月額5万円で指導を提供いたします。

医学部予備校ACE Academyとは?

医学部予備校ACE Academyは医師が運営指導し、卒業生を中心とした医学生講師のみが指導を行う医学部専門予備校です。 詳しい指導システムや合格実績、学費については公式ホームページをご覧ください。 <当塾の説明動画>

タイトルとURLをコピーしました