特待制度スタート。通塾コース月5万円。
医学部予備校ACE Academy
当サイトを配信する医師が運営・指導する医学部予備校
国公立・難関医学部への合格実績多数
東京で最も学費が安い医学部予備校
・浪人・再受験:月10万円 
*特待生(浪人・再受験):月5万円
・高校生:月5-7万円
・通信指導:月3万円
公式ホームページはこちら

東京医科歯科大学生に聞いた医学部情報

大学名:東京医科歯科大学

学年:3年

 

・雰囲気(まじめ、明るい、ゆるい、厳しいなどなど)

比較的真面目だが、ゆるい人もいる

 

・出席について

女子の出席率は高め。出席管理はカードタッチだが友人に預けることも可能。

 

・部活は盛んか

総合大学に比べると種類は少ない。

 

・部活以外の活動について(研究、学外活動など・・)

研究実践や英語のプロジェクトに参加する人も多い。

 

・海外留学の支援サポートはあるか

インペリアルカレッジやハーバード大学への留学あり。

 

・奨学金について

あまりもらっている人はいない。

 

・他学部との交流は盛んか

1年の時は全学科交流が盛んだが、学年が上がると減る。

 

・他大学との交流は盛んか

部活での交流はある。決して盛んではない気がする。

 

・周りの生活環境

1年生は市川。田舎だけど、一番楽しい時期。

御茶ノ水は静かで住みやすい。

 

・進級や留年について 1学年で何名留年するか

2年から3年への留年が最も多く、10人前後が留年する。

27科目ほどある中で、半分再試験にかかると留年が決定する。仮進級もないため厳しいと思う。

 

・1学年の現役浪人比率

現役は半分前後。3浪の人や社会人からの再受験の人もいる。2浪、3浪、再受験をあわせて10-15人くらい。

 

・1学年の男女比率

男女比は7:3くらい。

 

・再受験生の比率

5人くらい。

 

・臨床or研究 どちらに進む人が多いか

医科歯科病院で臨床に進む人がかなり多い。

 

・1~6年のカリキュラム

1年:教養

2年:基礎

3年:臨床

4年:研究室に配属

5年:実習

6年:実習

 

・卒業後の進路(初期研修先 大学に残るか外病院に出るか、どちらが多いか)

医科歯科病院に残る人が多い。

 

志望校別の医学部勉強法や各教科の勉強法は医学部勉強法まとめをご覧ください。

医学部受験に必要な情報は医学部受験情報まとめにまとめて掲載していますのでご覧ください。

医学部予備校ACE Academyにて東京医科歯科大学等の難関大医学部に合格するための個別課題管理を行っております。難関大医学部への合格を目指している方はご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました